So-net無料ブログ作成
検索選択

琢磨がんばったが・・・ [F1日本GP]

予選と決勝が同日に行われることになった日帰りの人にとってはオイシイ(?)今年の日本GP。

近鉄特急で9時過ぎに白子駅に着いたまではよかったけど、バスの待ち合わせ行列に恐れをなして徒歩へ切り替え。事前にWeb上で道順を調べておけば良かったのにバスルートをそのまま辿ってしまい、正面ゲートまで1時間半近くかかってしまうハメに。。。

サーキット内に入ったら入ったでスゴイ混雑。途中迂回しつつ目的地のB2指定席に着いた頃には予選はとっくに終わり、40周年記念の歴代F1マシンによるパレードが始まるところ。それぞれの「時代の音」を聞きながら、初体験となるナマのサーキット観戦にだんだんと気持ちが昂ぶりはじめる。

シケインの出口が見える最終コーナー付近のこのあたりのブロックはほとんどがわれわれのような当選者やホンダ関係者の席のよう。各席にはHonda Racingの旗やキャップなどの応援グッズが用意済み。13時を過ぎた頃から、ウェーブの練習や人文字用のボードの使い方について、スタッフが説明を開始。"Go Honda"の文字はワタシも参加していました(^^)

14時からは各マシンがコースに登場。いや~ぁオドロキました。1台だけの時はたいしたことないと思っていたエンジン音もまとめて来られるとスゴイ爆音。飛行機並みですね。
14時30分からの決勝がスタートしてからは、あっという間の1時間半。場内の実況はほとんど聞こえないのと、コース内のTV映像も文字が小さく読みづらいため(←国際映像用の英語表記)、順位を把握するのがやや困難。それでもMシューマッハの抜群の安定感はハッキリわかったし、琢磨の中盤以降の伸び悩みも翌日の新聞記事を見てあたらめて納得した次第・・・万全なら表彰台上がっていたでしょうね。

それにしてもあの速度でテールトゥノーズをやっているのを直に見てしまうと、F1ドライバーはただ者ではないとあらためて感心。毎年見に行く人の気持ちもわかります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。