So-net無料ブログ作成

ホンダ シャトル ハイブリッド Z試乗 [ぶらり]

20160625-DSC_1659.jpg
久々の国産車です。

ホンダのラインナップで現在唯一のワゴンボディとなる
SHUTTLE(シャトル)に試乗させていただきました。
 http://www.honda.co.jp/SHUTTLE/

20160625-DSC_1657.jpg
シャトルという名称はかつてシビックの5ドア版で使われていたものです。
 http://www.honda.co.jp/news/1983/4830922.html

その後、2011年にフィットの追加バリエーションとして、
フィット シャトルが登場。
昨年、モデルチェンジのタイミングで「SHUTTLE(シャトル)」のみの名称と
なったのが今回試乗したモデルです。

最近になって街中でも見かけるようになり、
元ワゴン乗りとしても気になるクルマ。
広そうな荷室と手頃なサイズ(5ナンバー)を確かめてきました。
20160625-DSC_1656.jpg
ハイブリッドモデルでVDA方式570Lの大容量。
写真で傘が写っている場所の下はリチウムイオン電池の
収納スペースとなっていますが、その手前には床下スペースがあり、
開口部近くの左右も深くえぐってあり、
5人乗車時に多量の荷物でもしっかり収まりそうです。

動力性能のほうはフィットやヴェゼルのハイブリッドモデルと同じく、
1.5L i-VTECとi-DCDのハイブリッドシステム。
車重1,240kg(Zタイプの場合)のボディを走らせるには十分です。

試乗は市街地コースを2周してECONモードのオンとオフとで比べましたが、
オンの場合でもCR-Zの頃のように、エコに徹底し過ぎて走らない、
という感じではありません。

7速DCTはスムースで、アクセル・ブレーキともペダルは自然な感触。
初代フィットのときの違和感が懐かしい(^_^)

乗り心地も2年前に乗ったヴェゼルほど固くはなさそう。
ホイールベースもそこそこあるので(2,530mm・フィットと同じ)、
軽量の割には跳ねたりしません。

価格帯は、ハイブリッドのFFが199~238万円で、
4WDが218.4~254.2万円。
1.5Lのガソリンモデルが1タイプのみで169万円(FF)と188.4万円(4WD)。
フィットよりは高めの設定ですけど、
荷物を載せる機会が多い人は室内も広々したコチラがオススメですw

IMG_20160625_s.jpg
タグ:シャトル
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 2

コメント 2

YAP

品質問題が多発しているホンダですが、最近は落ち着いてきたんですかね?

by YAP (2016-06-26 06:50) 

めろんぱん

>YAPさま
どうなのでしょうね?
クルマに限りませんが”日本製品は高品質”という認識は、
全部にはあてはまらなくなってきていると個人的には思っています。

>papamamaさま
nice!ありがとうございます。
by めろんぱん (2016-06-26 10:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0