So-net無料ブログ作成
検索選択

過敏性腸症候群 [治験]

わたしが気づいたのは2月でしたが、今年に入ってから電車内のドア付近にこんな広告が出ていました。

小学生くらいの頃からおなかが弱く、ほとんど毎週のようにおなかを壊しているような状況でした。
ただ熱が出るとか体が動かなくなるということはなかったため、
こういう体質なんだとあきらめ、そのままずるずると何十年もやり過ごしてきました。
通学や通勤時に途中下車なんてことも実際よくありまして、
この広告を見て「あっ、オレのことじゃん」と思いさっそく電話。

自動音声による受付の後、やけに丁寧な言葉づかいだったオペレーターへ症状を説明すると、
候補者として後日病院で検査を受けることとなりました。
先日受診した大腸の内視鏡検査、
実は今回の治験(新薬の試験)に参加するための原因切り分けの検査でもありました。

過敏性腸症候群・・・初めて知った病名でしたがネット検索をしてみるといくつかサイトが立ち上がっていて、結構「お仲間」がいるんだなと実感。メルマガも発行されていたのでついつい登録しちゃいましたが(笑)

期間中は毎日、便の状況について日誌をつけることがノルマ。
回数、形状、不快感などをメモして電話での登録を行います。
形状は7段階に分類されています。
ことばで説明するのもなんですし、画像で説明するとさらにエグイものになりそうなので(^^;)ここでは割愛・・・

一週間の観察期間があり、幸か不幸か基準をクリアしたため、今日から治験薬を飲み始めています。

途中で打ち切りの可能性もありますが、期間はこれから12週間。
めったにない機会なので、ときどき日誌の番外編として記事に残しておく予定です。