So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

[000512km] 似て非なるセダンとスポーツバック? [A3オヤジのセダン生活]

DSC_0647_148.jpg
ハッチバックボディのスポーツバックから今回はセダンへ乗り換えとなったA3。

ワゴンやハッチバックでリアゲートを開けて荷物をポンと積み込むのがラクで、
セダンタイプはご無沙汰していました。
前回のセダンは2000年まで遡ってアコード・ユーロR以来となります。

DSC00661.jpg
DSC01144.jpg
2013年9月にスポーツバックが現行型に切り替わった後、
翌2014年1月に追加登場したのがセダン。

スポーツバックのサイズは、
 全長4325×全幅1785×全高1450mm(1.4 TFSI)
セダンは、
 全長4465×全幅1795×全高1390mm(1.4 TFSI sport)

長く、少々幅広く、低いのがセダンボディ。
共通のパーツはほとんど無いそうで、
製造する工場もスポーツバックはドイツのインゴルシュタット、
セダンはハンガリーのジュールと異なっています。

カタログ値ではサイズ拡大の分、同じグレードではセダンのほうが10kg増でしたが、
車検証を見てみると、今回のセダンもなぜか同じ1320kg。
前前軸重770kg、後後軸重550kgの比率まで同じ。

頑張って軽量化した分?価格はセダンのほうが高くなり18万円高。
全高の低さと形状の違いで後席の頭上スペースはスポーツバックのほうが上、
荷室の使いやすさと合わせ実用性優先ならばスポーツバック一択ですw

セダンのメリットとしてはボディ構造上、
ハッチバックより静粛性が高い点が挙げられますが、
A3の場合、スポーツバックも決してウルサイわけではなく、
おそらく続けて乗り比べないとわからないレベルです。
DSC00689.jpgDSC_0778_146.jpg
マイナーチェンジを挟んだことで操作性にも細かい違いが。

上の写真はシフトレバー付近ですが、
左はスポーツバックで右がセダン。
丸いダイヤル横のボタンが4つから2つに減りました。

夜間照明もLED化に合わせて白に変わっていますが、
昼間のシフト位置確認がわかりづらくなっています。
まあ、ココで確認することはあまりないですけど。
DSC_0604_148.jpg
こんな例も。
運転席側のドアロック解除ボタンがMC前後で上下逆に変わりました。
最初気づかずにロック解除できなくて焦りました(^_^;

次の記事は1ヶ月点検の頃に。

タグ:アウディA3
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

nice! 2

コメント 2

YAP

この寸法の差は、マイナーチェンジ前後というわけではなく、スポーツバックとセダンの差なんですね。
共通のパネルがほとんどないというところは、さすが欧州プレミアムブランドです。
by YAP (2018-04-08 06:54) 

めろんぱん

>YAPさま
同じ足回りで比べると全高は45mm差となりますが、
いずれにせよボディの違いでまるで寸法が変わっています。
共通部分増やして安くしてよ、と言ってはいけないのでしょうね(^_^)

>ネオ・アッキーさま
nice!ありがとうございます。
by めろんぱん (2018-04-11 22:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。